浪人した場合の予備校にかかる費用はとはどれくらいなのでしょうか

MENU

予備校によって金額が違う

文部科学省が、高校を卒業した人はどれくらいの割合になるのか…それを調べたところ、約5%が予備校と呼ばれる専修学校などに進学していることがわかりました。浪人ともなると現役とは勉強に割り当てる時間が異なり、朝から晩まで勉強…といった具合に。取得講座も増えるので、現役で受験する人に比べると費用も大幅にアップするものとなるのです。では、大学受験の為の塾や予備校でかかる費用は、一般的にはどれくらなのでしょうか?現役の生徒では年間40万から100万円といわれていますが、浪人している人となると国公立か私立か、文系なのか理系なのか…でも変わってくうようなのです。

 

まず、高校生を対象にしている予備校のほとんどが、通常の授業…つまりは、単科講座に加えて、目指している学校や理系文系コース別に複数の専用講座を用意しています。多くがパッケージといった形で取っており、通う予備校によって料金体系が細かく変わってくるものとなります。ですから、まずはその違いなどを比べて選ばなければいけません。

 

しかも、4月に入塾するのと年度の中間となる9月に入塾するのでも、入会金や授業料が異なるものとなります。安くなるのはどちらかというと、もちろん4月からの入塾です。単価的に比べて安くなっています。


コースによって違う授業料

予備校での授業料の幅は、大きなものとなっています。コースもいろいろと用意されており、コースによってまったく違うところもあれば、一律料金に決めてしまっているところもあります。希望するコースによって料金が異なる場合の平均的な内容をみていくと、以下のような感じになっています。

 

○国公立
医・薬・農・獣医系…50万〜90万
理系…60万〜80万
文系…70万〜80万

 

○私立
医・薬・農・獣医系…60万〜250万
理系…60万〜70万
文系…60万〜70万

 

この数字は、1年間の授業料です。圧倒的に高いのが私立の医・薬・農・獣医系。あとは似たり寄ったりといった感じでしょうか。受験する大学がハイレベルだとするとそれだけ授業料も高くなりますし、個別授業があったりすると、さらに金額は跳ね上がっていくでしょう。

 

しかも、ここにある数字は、あくまでも基本的な授業料の平均額となっていますので、これにさまざまなオプションがつくことでさらに金額が高くなっていきます。夏期講習や冬期講習、そして不得意科目や重点科目の強化授業、小論文添削、英文法集中講座など…単科講座も含めるとさらに費用はかかるものとなるのです。

 

小論文添削や英文法集中講座、センター試験対策といった単科講座は、予備校によってもその費用設定がさまざま。1コマ単位で数千円といった金額設定をしているところもあれば、半年間での金額で設定しているところもあるのです。


基本の授業以外にもお金がかかる

予備校といってもその授業コースはいろいろあり、単科講座なども豊富にあるので、どれを受けたらいいのか迷ってしまうことも…。なによりも、お金がかかりすぎるのが難点。できることなら全部受けたいけど、それだけ費用も高くなってしまい…最悪、車が軽く一台購入できるほどにまでなるのですから、そう簡単に選ぶことはできません。とはいえ、多くの人が選択する講座といえば夏期講習です。夏期講習は塾のなかでも重要なものとなっているだけに、これだけは受講する人も覆いのです。では、夏期講習での一般的な料金を見てみましょう。

 

夏期講習では講座数を調整できるように、フレキシブルな組み合わせになっていることがほとんど。これは、経済状況などのみながら調整できるので、受講生にとっても受けやすい講座といえます。受け方としては、複数の講座を受講するのが一般的となっているようです。ある予備校では4講座以上の申し込みで7万…といったように、講座は自由に選べるものの数を決めてのセット料金にしているところもあれば、あくまでも1講座2万円といった感じで講座ごとに金額を設定しているところとささまざまです。


予備校、試験、大学…にかけるお金は計画的に

予備校にかかる費用は、基本の授業料に特別講座や単科講座など…さまざまな授業がプラスされていきます。当然、それにかかる費用も上がるものに…。通常授業が60万から70万円だとしても、夏期講習や冬期講習、他の単科講習なども取り入れたとしたら、軽く見積もっても100万近くはかかるものと覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

現役と浪人ではかかる費用が異なってきます。浪人の方がはるかにお金がかかりやすく、「もう後がない。絶対に受からなくては…」といったプレッシャーから、お金をかけてしまいやすいのです。

 

また、浪人中は予備校にかかる費用だけでなく、大学受験の為の費用も用意しておかなくてはいけません。例えば、国公立と私立をそれぞれ2校ずつ、合計4校受けたとします。センター試験も利用して、約15〜20万程のお金がかかるものとなるのですから、こちらもかなりの出費となります。合格したら、今度は入学金や授業料といったお金がかかるものとなります。大学に入るためとはいえ、入学費用や授業料が払えなくなっては本末転倒ですから、予備校にかけるお金は計画的に決めていかなくてはいけないのです。


更新履歴