大学受験では塾や予備校だけでなく、受験するための費用もかかるのです

MENU

バカにできない受験料」

大学に進学する為にかかる費用はそうとうな金額となりますので、計画的にコツコツと準備する必要があります。日本学生支援機構の調査では、授業料や学校納付金、通学費などを合わせた平均金額について、70万から80万ほどかかるといったことが報告されています。これは自宅から通う国立大学生の数字であり、どこかに部屋を借りたり下宿している、または私立大学に進学した場合では、130万から140万と倍近くになるとしているのです。これは、相当な開きがあるといえるでしょう。もちろん、この数字は1年間にかかる費用であり、短大では後一年分の学費を用意しなければいけませんし、4年生大学であればあと3年分の学費を用意しなければいけないものとなります。また、大学に入るための塾や予備校にかかるお金もあります。大学1年分の授業料と似たような金額なのですから大変です。

 

しかも、もう一つ…大きな支出があります。それは、大学の受験費用です。ついつい忘れがちですが、この大学受験費用も以外と大きな金額になるのです。

 

大学受験するためには、まず願書を書いて提出しなければいけません。この願書は、センター試験や国公立大学では無料となっていますが、私立大学では1通あたり500円〜1,000円といった金額をとっています。大体、東京では1,000円と設定しているようですが、それ以外の地域では700円あたりが平均金額となっています。郵送で願書を取り寄せるのであれば、別に郵送代がかかるものとなります。

 

ちなみに、同じ大学や学部を数回受験する際には、一度に出願すれば願書は1枚ですみます。ですが、別に出願するとなると、別で願書を用意しなければならなくなります。ですから、志望校を決めかねて、とりあえず願書だけでも提出しておこう…なんていくつもの大学に請求すると、それだけで結構な金額になってしまうのです。どこを受けるのか、志望校はしっかりと決めておくことが大切なのです。


国公立と私立の受験料

年間にかかる授業料は、国公立と私立では大きな差があるものとなっています。では、受験料はどうなのでしょうか?

 

まず、国公立ですが、こちらはセンター試験(3教科以上の受験)にかかる受験料は1万8,000円で、国公立大学の2次試験のかかる受験料は1万7,000円程。2次試験には前期と後期がありますので、全部あわせると5万2,000円の受験料がかかることになります。

 

では、私立はどうなのかというと、大体2万〜5万円と学校によって差があるものとなっています。平均の3万5,000円で3校受けたとしたも、その受験費用は10万を越えるものとなります。これはかなりの金額です。

 

試験を受けるのにも、大金がかかる大学受験。ほとんどの人が滑り止めとしていくつかの大学を受けますが、1校を受けるのに数万もかかるのですから、なるべく最小限に効率的に選びたいものです。テスト慣れしたいから…なんて気持ちで入学する気もない学校を選ぶには、もったいない金額と言えます。


関連ページ

塾や予備校費用の目安
現役よりも費用が高くなってしまいがちな塾や予備校の費用。 年間、どれくらいのお金が必要となるのでしょうか?
受験費用の注意ポイント
試験を受けるのにも大きな金額がかかる大学受験。 塾や予備校、そして大学入学費や授業料、それ以外にも受験料にも数万〜数十万のお金がかかるのですから驚きです。